Paphos zoo

  • 2018.02.12 Monday
  • 23:53

 夫がホテルで仕事をしなくてはならないので、息子を連れて動物園に行くことにした。

 ホテルでタクシーを呼んでもらうと、体格の良いドライバーさんがやって来た。

 動物園までは、約30分ほど。

 明るく子供好きの彼が、道中、息子に話しかけてくれたおかげで、車酔いすることも無く、動物園に辿りついた。

 4時間後に、また迎えに来てもらう約束をして、いざ、動物園へ。

 

 園内には、鳥が一番多くいた。

 なんだか、釧路の動物園を思い出しちゃった。

 

 

 

 子供の頃からずっと、実家ではセキセイインコや九官鳥、文鳥などを切れることなく飼っていた。

 そんなインコちゃんまで、動物園に居たよ。

 

 オウムもかなりの種類がいて、我らに「ハロー、ハロー」と声をかけるオウムさんも!

 こちらも「ハロー」と言うと、「アローハ!」だって!

 

 ゲージから抜け出している鳥たちが、自由に道を歩いているよ。

 

  

 

 ゾウガメや、ダチョウ、ラクダにキリン、ライオン、トラ、久々の動物園、二人で満喫だ。

 園内は空いていて、本当にのんびり、ゆったりしている。

 

 

 

 白いワラビー、珍しいね!

 

 鳥たちのショーが行われると言うので、我らも行ってみることに。

 ショーでは、数種類のフクロウや猛禽類の説明の他に、オウムがスクーターに乗ったり、シュートを決めたりして、可愛らしい。

 

 

 そして、驚いたことに、ショーの終わりに生後二か月のトラの赤ちゃんが登場!

 

 

 絶滅から救う保護活動の説明の後、20ユーロで写真撮影をして、チャリティーに参加を呼び掛けがあった。

 ちょっと高いなぁとは思ったが、息子が「絶対、やる!」と目をキラキラにして言うので、列に並ぶことにした。

 そう言えば、昔、中国に行った時、大人のトラに跨ったことがある。

 少し怖かったけれど、トラの毛は深くて掌がすっぽり隠れてしまうほどだった。温かくて、柔らかくて、近くでみる頭は思っていたよりも非常に大きかったことを、今でも鮮明に覚えている。

 息子にも、その話をしたことがあったので、きっと、自分もトラに触れたいと思ったのだろう。

 

 

 二か月のトラに哺乳瓶でミルクをあげるチビ助。

 嬉しそう♡

 

 

 赤ちゃんは、ちょっと逞しい猫という感じで可愛かったけれど、大人のトラは、、、。

 こんなに精悍な顔になるんだね。

 

 

 トラとの触れ合いに、胸がいっぱいのチビ助。

 お土産に、トラのぬいぐるみをGET!

 記念写真も、受付で貰いました。

 

 動物園から出ると、朝のドライバーさんが手を振って待っていてくれた。

「トラに触ったんだよ!」

「おーー、すごいな、怖かったか?」

「うーーん、怖くなかったよ」

「それは良かった。人は怖いと感じると、特殊な物質を出すんだ。動物はその匂いを嗅ぐと緊張して、警戒するから、危ないんだよ。こっちがリラックスして接すると、動物もリラックスできるんだよ」

 

 ドライバーさんの話を聞きながら、ホテルに戻った。

 パフォスで二人で動物園、旅行中ということも忘れて、普段の暮らしみたいな気分になった。

 楽しかったな〜。

最後の旅

  • 2018.02.11 Sunday
  • 23:00

 ロンドンに来てからというもの、本当によく旅行に出かけている。

 夫は仕事も合わせると、ヨーロッパ制覇!

 私は制覇まではいかないけれど、40か国弱を訪れ、歩き回った。

 その全ての旅の思い出が、この3年間での、一番のお土産かもしれない。

 

 昨日10日からハーフタームが始まり、ロンドンからキプロス共和国、パフォスにやって来た。

 我らにとって、ついに最後の旅だ。

 

 キプロス島は南側がキプロス共和国、北側がトルコ共和国と二つの国で分断されている。

 キプロス共和国は四国の約半分の大きさだ。

 

 

 パフォス城

 このお城は、13世紀に塔と共に建てられ、当時、塔と城は城壁によって結ばれていた。

 城は15世紀まで使われていたが、一つは地震で、もう一つはオスマン帝国襲撃の直前の爆発事故で崩壊した。

 この建物は、1780年に修復されたもの。

 

 

 橋を渡って、中に入ってみる。

 防衛施設として、牢獄として、英国支配下時には塩の倉庫としても、使われたそうだ。

 

 

 一番上の展望台から、港を眺める。

 のんびりしてるね〜。

 

 

 そこから歩いて向かったのは、パフォス考古学公園。

 広大な敷地に、紀元前2〜4世紀の遺跡が、点在している。

 

 

 公園内にはローマ時代に造られた美しいモザイク画が、いくつもある。

 

 

 ギリシャ神話の神々が、たくさん登場。

 

 

 アップで見ると分かるかな?

 大体1センチ四方の正方形の石で、細かく描かれている。

 

 

 3世紀後半に造らてた「テセウスとミノタウルス」のモザイク

 

 

 こんな風に、遺跡が大自然の中にそのまま残っている。

 当時は100以上の部屋がある大邸宅だったんだとか。

 

 

 あ、灯台だ!

 チビ助、走ります。

 

 

 野外劇場。

 ここで、演劇やコンサートを楽しんだんだろうなぁ。

 敷地が広くて、かなり遺跡の中を歩いた。

 だけど、2月とは思えぬお天気で、気持ちがいい。

 想像にも及ばないくらい、昔、昔の時を、ただ自分の足で踏みしめる。

 

 帰りは歩いてホテルまで向かう。

 ホテルまで帰る道中、「パナギア・クリソポリティッサ教会」へ寄った。

 

 

 ここは、初期ビザンチン時代に建てられた、キプロス最大のバシリカ様式の教会だ。

 

 

 見学用の道が作られているので、上からモザイクを眺めることもできる。

 ここには、聖パオロが宣教に来たとき、柱に縛られ40回鞭打ちされたという柱も残されている。

 

 今日は一日、よく歩きましたね〜。

 夫はこの旅行の直前まで出張で2週間ほど出かけていたので、ちょっとお疲れモード。

 ゆっくり休んで、明日に備えましょう。

 

テーブルコーディネイト講座

  • 2018.02.08 Thursday
  • 23:07

 今日は友人に誘っていただいて、テーブルコーディネート講座に参加。

 もともと食器好きなのだが、ロンドンに来て以来、マーケットや旅先で少しづつ気に入った食器を集めていた。

 その数も結構になる。

 

 料理はそんなに得意では無いのだが、器一つで、そんな私の料理でも華やかになる。

 テーブルコーディネートで、更に食卓を彩ることができるって、素敵だよね!

 友人宅にお呼ばれして、テーブルコーディネートされた素敵な食事を頂く度に、こんな風に出来たらいいなぁと、真似事をしてみるのだが、なかなか難しい。

 そんな時に誘って頂いたのだ。

 

 本日のテーマは「バレンタイン」。

 場所はリッチモンドにあるお洒落な先生宅だ。

 

 

 先生の家の通りから、テムズ川を眺めて。

 こんな風景のある生活、いいなぁ♡

 

 先生のお宅のドアを開けた瞬間、いい香りがして、可愛らしい女性が迎えてくださった。

 女子力高〜い!

 私とは全く違う、ラブリーな世界♡

 

 

 テーマがバレンタインということもあり、お部屋がピンク色。

 

 

 テーブルも、白と可愛くなり過ぎないピンク色で統一されている。

 

 

 何気なく本の上に飾られているバラは、紙袋に生けてある。

 

 

 綺麗なピンク色の秘密は、氷の中に入ったラズベリー。

 こういう氷を作る、ひと手間が、私には欠けてるのよね、、。

 

 

 お食事も頂きました。

 重くなりがちなパンプキンスープも、こんなグラスに入れたら、丁度いいね。

 

 

 チキンにかけたソースが、最高!

 レシピも頂けたので、これから重宝しそうです。

 ありがとうございます。

 

 

 最後はデザート。

 カップケーキに飾られたカメオや香水瓶のチョコレートは、先生の手作り。

 こんな可愛い型があるなんて、ビックリ。

 

 講座も、お食事も、一緒に受けた方々とのお喋りも、楽しかった〜!

 

 優雅で可愛い、現実から離れた時を過ごし、ピンク色のパワーで、このところ忙しくてバタバタの私も、すっかり癒されたよ〜。

 講座の先生、そして誘ってくれた友人にも感謝、感謝。

 

 

 

 

 

嬉しいバタバタ

  • 2018.02.07 Wednesday
  • 23:21

 帰国が近くなるにつれて、バタバタして来た。

 とは言っても、引っ越しの用意などは、手を付けておらず、とにかく友人と最後のロンドンライフを楽しく過ごさせて頂いている。

 

 

 スローン・スクエアにある可愛いピンク色のお店は、カップケーキ屋さん。

 カフェにもなっているのだけど、すっごい人気なんだって。

 著名人のウェディングケーキのシュガークラフトを手掛ける、ペギーポーションさんのお店だ。

 もちろん、買ってみたよ。

 見た目は120パーセントCUTE!!

 味は、材料がとっても良いんだなぁと感じるくらい、しっかりしている。

 大き目でボリューム満点、私にはちょっと甘かったけど、息子は「甘いね」と言いつつペロリと完食!

 

 お昼はこの近くにあるカラスミパスタが有名な、イタリアンレストランに連れて行って頂きました。

 カラスミパスタも美味しかったけれど、デザートのティラミスもナイス!

 

 

 そうして、ある日はコヴェントガーデンにあるウィッタードのカフェで、アフタヌーンティー!

 一度、来てみたかったのよね!

 相変わらず、甘いものに目が無い私。

 

 

 ケーキは食べきれないから、お持ち帰りさせて頂いたよ。

 

 

 お友達のリボン教室にも、またお邪魔させて頂きました。

 今回はデニムリボンで再挑戦!

 可愛くできた〜♪

 

 そして、なんと、ランチまでご馳走になってしまった。

 見て、すごく美味しそうでしょう?

 お野菜いっぱいで、素敵。

 あ〜、なんて優しい。

 本当に、お世話になってばかりなってばかりの私。

 

 

 全部、ほんとに美味しかった〜。幸せ〜♡

 

 

 こちらはハンマースミス駅から近いベトナムレストラン「Saigon Saigon」。

 ここのシーフード鍋、学校のPTAの送別会で、連れて行って頂きました。

 超、超、美味しかった〜。

 鍋にパイン? トマト??

 なんて、思ってたけど、何の何の。美味しすぎっ。

 残り少ないロンドン生活だけど、あともう一回は食べたい!

 皆さま、ありがとうございます。

 

 この他にも、本当にいっぱい出かけており、日々たくさんの方とお話できて、毎日、嬉しいバタバタの日々です。

 

 なんだか、帰りたくなくなっちゃう。

 

 3年。

 

 短かったけど、やっぱり3年なんだなぁ。

 と、シミジミ思うのです。

 

 

節分

  • 2018.02.03 Saturday
  • 23:09

 今日は節分!

 実家の母が、今年もまた豆とお面を、送ってくれた。

 夫が出張中で留守なので、今年は息子と二人で豆まきするぞ〜!!

 

 

 

 去年は夫が鬼だったけど、今年は私?

 だけど、鬼ばかりは嫌なので、息子と相談して、かわりばんこに鬼をすることにした。

 

「鬼は〜外、福は〜内」

 

 家の中を走り回る私に息子が豆を投げつける。

 

「鬼は〜外、福は〜内」

 

 負けずと、逃げるチビ鬼目がけて豆を投げる私。

 

 お庭に向けてもポーイ!

 

 そして、その後は恵方巻。

 今年の方向は南南東だとか。

 コンパスで方向を確認して、一言も話さないように願い事を思いながら一気に食べる。

 

 

 だけど、横にいる息子が笑い出し、私が「喋っちゃダメだって」と喋ってしまい、願い事は無理かしらね??

 

 ロンドンでの3回目の豆まき、無事終了。

 お母さん、毎年、お豆、送ってくれて、ありがとうございます。

アグネスさんのお店

  • 2018.02.01 Thursday
  • 23:59

 帰国に向けて、買い物も忙しくなって来た。

 今日は友人の車に乗せて頂き、「アグネスさんのお店」へ行く。

 

 アグネスさんはイギリス人の年配の女性で、日本人のご主人と一緒に、自宅の一室で、アンティークやヨーロッパの食器、アクセサリー、雑貨などを予約制でお店を開いている。

 ロンドン在住の日本人には結構知られており、帰国前に立ち寄る方も多いみたい。

 そこで、私も連れて来て頂いたわけだ。

 

 

 お部屋の中は、もうギュウギュウに商品が並んでいる。

 アクセサリーも、いっぱい!

 お手頃なものから、ちょっとお高いものまで揃っている。

 私達3人以外は誰も居なかったので、手に取ってゆっくり見ることができた。

 アグネスさんに、お茶も入れて頂いちゃった。

 

 

 この手前のロビンちゃんのサラダフォークとスプーン、超可愛くって、悩んじゃった。

 

 

 素敵なティーカップや、ソーサーが♡

 

 

 シルバーのスプーンや、トレー、ポットなど。

 

 迷いながらも、プレートやグラス、ティースプーンなど、2時間かけて選んで買っちゃった。

 日本で使うのが、楽しみだなぁ。

 一回目の船便で、荷物がぐんと減ったというのに、このところ、また少しづつ増えている。

 ひゃーー!

 

  全てのものについて、親切に説明してくれたアグネスさん、このお店を始めてもう30年になるんだって。

 色々、ありがとうございました。

 

 お腹が空いて、帰りにパークロイヤルの駅の近くにあるカフェでランチをした。

 お会計を済ませてかえろうとすると、「ちょっと待ってて!」と定員さん。

 なんと、我ら3人それぞれに、チャパタを3こづつプレゼントしてくれた。

 なんだか、すっごく嬉しくなっちゃった。

 

 翌朝、さっそくスライスして食べてみたら、すっごく美味しい!

 今度また、買いにいきた〜い!

 

 

 

Book look

  • 2018.01.31 Wednesday
  • 23:33

 今日は息子の学校の「ブックルックデー」。

 いつもより少しだけ早めに登校し、チビ助と一緒に教室に入った。

 息子のノートは、いつも学校においてあるので、家で見ることができない。

 だから、ワンタームに一度あるブックルックは、日本で言う参観日に近い?? ものがあるような?

 

 

 「これ、僕のノートだよ〜」

 ちょっと得意げに見せてくれるチビ助。

 

 

 これは、サイエンスのノート。

 人体の勉強のよう。

 

 

 今タームでは、「チャーリーとチョコレート工場」をEnglishで習っている。

 その所為で、息子はすっかりこのお話の虜となり、映画のDVDを買ったり、Roald Dahlの本をシリーズで買ったり。

 毎日、家に戻っては、本を読みふけっている。

 本を読むと、ぐーーんと語学が伸びると聞いていたが、まさか帰国目前になって、その時期が来るとは、、。

 あちゃー、残念。

 

 

 Mathsの掲示板の前で。

 

 

 「パソコンで、こうやって、やるんだよ」と、チビ助。

 本当に今の子供たちは、コンピューターが生まれた時から普通にあるから、当たり前に使うんだよね。

 アフタースクールクラブでは、息子は週に一度、「ゲームクリエーター」のクラスに通っている。

 自分でゲームを作るって、すごいよね〜。

 

 ほんの10分ほどの見学だったが、いつもは入ることの無い彼の教室に入って、様子を見ることができて、楽しかった。

 あと、正味10日間くらいの学校生活だ。

 チビ助、最後まで頑張れ!

 

 

ハプニング

  • 2018.01.28 Sunday
  • 23:25

 昨夜ホテルに戻って、ベットに入った息子が、夜になって発熱した。

 それも、かなりの高熱だ。

 フロントには体温計も無く、測ることはできなかったが、全身燃えるように熱く、熱のため意味の分からない言葉を話したりする。

 夫に頼んで、ペットボトルの水をお店で買ってきてもらい、それをホテルのフリーザーに入れてもらった。

 また、氷もホテルから貰い、タオルで頭や首、わきの下などを冷やす。

 お昼に薬を買っておいて助かった〜。

 解熱剤が効き始め、息子は眠ったが、何度もタオルを変えて冷やしたりして、一晩中眠れなかった。

 

 今日、本当は午後4時半のフライトで、ロンドンに帰る予定だったのだが、その時間に帰っても病院は終わっているし、熱が出ている状態で飛行機に乗せるのも心配だ。

 おまけに夫はパリから直接、仕事に異国へ行くため、私だけで息子を連れて帰らなくてはならない。

 

 夫と相談して、午前中のユーロスターに乗り、帰ることに決めた。

 パリからロンドンまでは3時間ほどかかるが、飛行機の様に空港までの移動時間も長くないし、荷物を預けたり、ボーダーコントロールで待つ必要もない。

 ただ座席で寝ていれば良いのだから、その方が楽だし、ロンドンに着いてから病院にも行ける。

 

 息子に解熱剤を飲ませ、駅までタクシーで行って、そこから汽車に乗り込んだ。

 幸運なことに、症状は落ち着いており、家まで無事に戻って来れた。

 

 ふーー。

 

 何とかスケジュールを調整して、モンサンミッシェルへと思った旅行だったが、モンサンミッシェルどころか、パリをよく見ることもできなかった。

 

 それに、月曜日は学校を休めないと言って、飛行機を日曜日にずらしたと言うのに、結局はそれにも乗らず、月曜日も学校を休むことになってしまった、、。

 

 でも、まぁ、いいか。チビ助が無事に帰って来れたんだし、良しとしよう。

 パリへはまたいずれ!!

Paris

  • 2018.01.27 Saturday
  • 22:52

 昨日、学校が終わってから飛行機でパリへ向かった。

 ロンドンに来てから、フランスには、ニースと、トゥールーズという街に来ているが、華の都パリにはまだ行っていなかった。

「絶対、モンサンミッシェルには行かなくては!」

 帰国までのスケジュールを調整して、金曜から月曜日まで3泊で、その目的も果たそうと計画したのだが、息子の学校を月曜日休ませるわけには行かなくなり、直前になって飛行機を取り直し日曜日の夕方に帰ることにした。

 そのお陰で、モンサンミッシェルは吹っ飛んだ、、。

 

 あ〜、行きたかったぁ、、、。しょぼん。

 

 ちょっと落ち込んだが、こうなったらパリを満喫するしかない!

 今日は朝から、意欲的に動くぞ〜!!

 

 ところが、、、。

 朝、起きるとチビ助の体調が悪く、朝からトイレで吐いてしまった。

 しばらく様子を見て、大丈夫そうなので、セーヌ川を見に行くことに。

 ニュースで大騒ぎになっているが、今、この川の水位が上がり、大変なことになっている!

 

 

 長く雨が続いていたせいで、水位が平常の3倍まで上がり、川の水は濁ってしまっている。

 船が橋の下を通れないので、停泊している船が多かった。

 

 

 本来なら川沿いを恋人たちが歩く姿があるはずの小道も、すっかり水の中。

 

 

 そんなセーヌ川を眺めながら、ヴィクトル・ユーゴー作「ノートルダム大聖堂」へやって来た。

 パリの歴史を850年間見続けているこの大聖堂は、ユネスコ世界遺産にも登録されている。

 

 

 中に入ると、こんな感じ。

 ステンドガラスが美しく、その光が白い壁を紫色に染め、とても幻想的だ。

 

 

 かつての人々の暮らしが分かるジオラマが展示されている。

 お人形は木を切ったり、小麦を引いたり、動いているし、滝が流れていたりと、見ていてもとても楽しい。

 チビ助、2、3周したかな?

 

 息子の頭痛が始まり、薬局で薬を購入しチ飲ませたところすぐに回復したが、心配なので、ホテルに戻って一休みすることにした。2時間ほど休み様子を見たが、大丈夫そうなので、チビ助の希望でエッフェル塔へ。

 

 

 お〜、エッフェル塔!

 何だか、東京タワーを思い出すのは、私だけ??

 エッフェル塔の高さは324m、東京タワーは333m!

 お〜、東京タワーの方が高いのか〜。

 

 

 一番上まで行くチケットは既に売り切れ、我らはかなり長い列に並んでチケットを買い、一番下の展望台まで階段で登ることにした。

 

 

 

 展望台からの眺め

 

 

 日が暮れると、エッフェル塔はライトアップされ、お化粧して夜の舞台に立つ。

 

 

 息子の体調不良で、ルーブル美術館も行けなかった〜!!!

 

 なんだか、素敵な街なのに、全然満喫できないが、仕方が無い。

 今日は早くチビ助を休ませ、回復させなくては〜。

Last Art Lesson

  • 2018.01.22 Monday
  • 22:43

 ロンドンに来て、日系幼稚園に入園した時から始めたアートレッスン。

 幼稚園を辞めてからは、先生に我が家に来ていただき、月に2回、お友達も一緒に絵を学んでいた。

 絵の他にも、ワンタームに一度、陶芸も教えてくださり、この3年間でたくさんの作品が出来上がった。


 

 ロンドンでの出来事、ロンドンで興味を持ったもの、そんなことが、息子の絵を見ていると思い出される。

 私は「記録する」ことに対して、執着がある。

 何故なら、時は過行くものだから。

 過ぎてしまうと、自分の記憶は曖昧になってしまう。

 それが、惜しくて仕方がない。

 平凡な日々を送る私、惜しいような特別な出来事では無いのだけど、後にこうして日々を過ごしてきた、こうして自分が生きて来たという証を、ただ自分の為に残しておきたい。

 

 

 息子の絵も、ロンドン生活の大切な記録。

 作品として、記録しておけること、いつも教えて頂いた先生に感謝、感謝だ。

 

 

 最後のレッスンは、今年の干支「戌」。

 息子の描いた犬は、車よりも、人よりも大きいのね〜!

 

 最後は先生と皆で写真を撮りました。

 あ〜、泣ける〜。

 

 今日は最後のアートレッスン。

 明日は最後の私の英語のレッスン。

 

 毎日、少しづつ何かの最後だ。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM