テーブルコーディネイト講座

  • 2018.02.08 Thursday
  • 23:07

 今日は友人に誘っていただいて、テーブルコーディネート講座に参加。

 もともと食器好きなのだが、ロンドンに来て以来、マーケットや旅先で少しづつ気に入った食器を集めていた。

 その数も結構になる。

 

 料理はそんなに得意では無いのだが、器一つで、そんな私の料理でも華やかになる。

 テーブルコーディネートで、更に食卓を彩ることができるって、素敵だよね!

 友人宅にお呼ばれして、テーブルコーディネートされた素敵な食事を頂く度に、こんな風に出来たらいいなぁと、真似事をしてみるのだが、なかなか難しい。

 そんな時に誘って頂いたのだ。

 

 本日のテーマは「バレンタイン」。

 場所はリッチモンドにあるお洒落な先生宅だ。

 

 

 先生の家の通りから、テムズ川を眺めて。

 こんな風景のある生活、いいなぁ♡

 

 先生のお宅のドアを開けた瞬間、いい香りがして、可愛らしい女性が迎えてくださった。

 女子力高〜い!

 私とは全く違う、ラブリーな世界♡

 

 

 テーマがバレンタインということもあり、お部屋がピンク色。

 

 

 テーブルも、白と可愛くなり過ぎないピンク色で統一されている。

 

 

 何気なく本の上に飾られているバラは、紙袋に生けてある。

 

 

 綺麗なピンク色の秘密は、氷の中に入ったラズベリー。

 こういう氷を作る、ひと手間が、私には欠けてるのよね、、。

 

 

 お食事も頂きました。

 重くなりがちなパンプキンスープも、こんなグラスに入れたら、丁度いいね。

 

 

 チキンにかけたソースが、最高!

 レシピも頂けたので、これから重宝しそうです。

 ありがとうございます。

 

 

 最後はデザート。

 カップケーキに飾られたカメオや香水瓶のチョコレートは、先生の手作り。

 こんな可愛い型があるなんて、ビックリ。

 

 講座も、お食事も、一緒に受けた方々とのお喋りも、楽しかった〜!

 

 優雅で可愛い、現実から離れた時を過ごし、ピンク色のパワーで、このところ忙しくてバタバタの私も、すっかり癒されたよ〜。

 講座の先生、そして誘ってくれた友人にも感謝、感謝。

 

 

 

 

 

嬉しいバタバタ

  • 2018.02.07 Wednesday
  • 23:21

 帰国が近くなるにつれて、バタバタして来た。

 とは言っても、引っ越しの用意などは、手を付けておらず、とにかく友人と最後のロンドンライフを楽しく過ごさせて頂いている。

 

 

 スローン・スクエアにある可愛いピンク色のお店は、カップケーキ屋さん。

 カフェにもなっているのだけど、すっごい人気なんだって。

 著名人のウェディングケーキのシュガークラフトを手掛ける、ペギーポーションさんのお店だ。

 もちろん、買ってみたよ。

 見た目は120パーセントCUTE!!

 味は、材料がとっても良いんだなぁと感じるくらい、しっかりしている。

 大き目でボリューム満点、私にはちょっと甘かったけど、息子は「甘いね」と言いつつペロリと完食!

 

 お昼はこの近くにあるカラスミパスタが有名な、イタリアンレストランに連れて行って頂きました。

 カラスミパスタも美味しかったけれど、デザートのティラミスもナイス!

 

 

 そうして、ある日はコヴェントガーデンにあるウィッタードのカフェで、アフタヌーンティー!

 一度、来てみたかったのよね!

 相変わらず、甘いものに目が無い私。

 

 

 ケーキは食べきれないから、お持ち帰りさせて頂いたよ。

 

 

 お友達のリボン教室にも、またお邪魔させて頂きました。

 今回はデニムリボンで再挑戦!

 可愛くできた〜♪

 

 そして、なんと、ランチまでご馳走になってしまった。

 見て、すごく美味しそうでしょう?

 お野菜いっぱいで、素敵。

 あ〜、なんて優しい。

 本当に、お世話になってばかりなってばかりの私。

 

 

 全部、ほんとに美味しかった〜。幸せ〜♡

 

 

 こちらはハンマースミス駅から近いベトナムレストラン「Saigon Saigon」。

 ここのシーフード鍋、学校のPTAの送別会で、連れて行って頂きました。

 超、超、美味しかった〜。

 鍋にパイン? トマト??

 なんて、思ってたけど、何の何の。美味しすぎっ。

 残り少ないロンドン生活だけど、あともう一回は食べたい!

 皆さま、ありがとうございます。

 

 この他にも、本当にいっぱい出かけており、日々たくさんの方とお話できて、毎日、嬉しいバタバタの日々です。

 

 なんだか、帰りたくなくなっちゃう。

 

 3年。

 

 短かったけど、やっぱり3年なんだなぁ。

 と、シミジミ思うのです。

 

 

節分

  • 2018.02.03 Saturday
  • 23:09

 今日は節分!

 実家の母が、今年もまた豆とお面を、送ってくれた。

 夫が出張中で留守なので、今年は息子と二人で豆まきするぞ〜!!

 

 

 

 去年は夫が鬼だったけど、今年は私?

 だけど、鬼ばかりは嫌なので、息子と相談して、かわりばんこに鬼をすることにした。

 

「鬼は〜外、福は〜内」

 

 家の中を走り回る私に息子が豆を投げつける。

 

「鬼は〜外、福は〜内」

 

 負けずと、逃げるチビ鬼目がけて豆を投げる私。

 

 お庭に向けてもポーイ!

 

 そして、その後は恵方巻。

 今年の方向は南南東だとか。

 コンパスで方向を確認して、一言も話さないように願い事を思いながら一気に食べる。

 

 

 だけど、横にいる息子が笑い出し、私が「喋っちゃダメだって」と喋ってしまい、願い事は無理かしらね??

 

 ロンドンでの3回目の豆まき、無事終了。

 お母さん、毎年、お豆、送ってくれて、ありがとうございます。

アグネスさんのお店

  • 2018.02.01 Thursday
  • 23:59

 帰国に向けて、買い物も忙しくなって来た。

 今日は友人の車に乗せて頂き、「アグネスさんのお店」へ行く。

 

 アグネスさんはイギリス人の年配の女性で、日本人のご主人と一緒に、自宅の一室で、アンティークやヨーロッパの食器、アクセサリー、雑貨などを予約制でお店を開いている。

 ロンドン在住の日本人には結構知られており、帰国前に立ち寄る方も多いみたい。

 そこで、私も連れて来て頂いたわけだ。

 

 

 お部屋の中は、もうギュウギュウに商品が並んでいる。

 アクセサリーも、いっぱい!

 お手頃なものから、ちょっとお高いものまで揃っている。

 私達3人以外は誰も居なかったので、手に取ってゆっくり見ることができた。

 アグネスさんに、お茶も入れて頂いちゃった。

 

 

 この手前のロビンちゃんのサラダフォークとスプーン、超可愛くって、悩んじゃった。

 

 

 素敵なティーカップや、ソーサーが♡

 

 

 シルバーのスプーンや、トレー、ポットなど。

 

 迷いながらも、プレートやグラス、ティースプーンなど、2時間かけて選んで買っちゃった。

 日本で使うのが、楽しみだなぁ。

 一回目の船便で、荷物がぐんと減ったというのに、このところ、また少しづつ増えている。

 ひゃーー!

 

  全てのものについて、親切に説明してくれたアグネスさん、このお店を始めてもう30年になるんだって。

 色々、ありがとうございました。

 

 お腹が空いて、帰りにパークロイヤルの駅の近くにあるカフェでランチをした。

 お会計を済ませてかえろうとすると、「ちょっと待ってて!」と定員さん。

 なんと、我ら3人それぞれに、チャパタを3こづつプレゼントしてくれた。

 なんだか、すっごく嬉しくなっちゃった。

 

 翌朝、さっそくスライスして食べてみたら、すっごく美味しい!

 今度また、買いにいきた〜い!

 

 

 

Book look

  • 2018.01.31 Wednesday
  • 23:33

 今日は息子の学校の「ブックルックデー」。

 いつもより少しだけ早めに登校し、チビ助と一緒に教室に入った。

 息子のノートは、いつも学校においてあるので、家で見ることができない。

 だから、ワンタームに一度あるブックルックは、日本で言う参観日に近い?? ものがあるような?

 

 

 「これ、僕のノートだよ〜」

 ちょっと得意げに見せてくれるチビ助。

 

 

 これは、サイエンスのノート。

 人体の勉強のよう。

 

 

 今タームでは、「チャーリーとチョコレート工場」をEnglishで習っている。

 その所為で、息子はすっかりこのお話の虜となり、映画のDVDを買ったり、Roald Dahlの本をシリーズで買ったり。

 毎日、家に戻っては、本を読みふけっている。

 本を読むと、ぐーーんと語学が伸びると聞いていたが、まさか帰国目前になって、その時期が来るとは、、。

 あちゃー、残念。

 

 

 Mathsの掲示板の前で。

 

 

 「パソコンで、こうやって、やるんだよ」と、チビ助。

 本当に今の子供たちは、コンピューターが生まれた時から普通にあるから、当たり前に使うんだよね。

 アフタースクールクラブでは、息子は週に一度、「ゲームクリエーター」のクラスに通っている。

 自分でゲームを作るって、すごいよね〜。

 

 ほんの10分ほどの見学だったが、いつもは入ることの無い彼の教室に入って、様子を見ることができて、楽しかった。

 あと、正味10日間くらいの学校生活だ。

 チビ助、最後まで頑張れ!

 

 

Last Art Lesson

  • 2018.01.22 Monday
  • 22:43

 ロンドンに来て、日系幼稚園に入園した時から始めたアートレッスン。

 幼稚園を辞めてからは、先生に我が家に来ていただき、月に2回、お友達も一緒に絵を学んでいた。

 絵の他にも、ワンタームに一度、陶芸も教えてくださり、この3年間でたくさんの作品が出来上がった。


 

 ロンドンでの出来事、ロンドンで興味を持ったもの、そんなことが、息子の絵を見ていると思い出される。

 私は「記録する」ことに対して、執着がある。

 何故なら、時は過行くものだから。

 過ぎてしまうと、自分の記憶は曖昧になってしまう。

 それが、惜しくて仕方がない。

 平凡な日々を送る私、惜しいような特別な出来事では無いのだけど、後にこうして日々を過ごしてきた、こうして自分が生きて来たという証を、ただ自分の為に残しておきたい。

 

 

 息子の絵も、ロンドン生活の大切な記録。

 作品として、記録しておけること、いつも教えて頂いた先生に感謝、感謝だ。

 

 

 最後のレッスンは、今年の干支「戌」。

 息子の描いた犬は、車よりも、人よりも大きいのね〜!

 

 最後は先生と皆で写真を撮りました。

 あ〜、泣ける〜。

 

 今日は最後のアートレッスン。

 明日は最後の私の英語のレッスン。

 

 毎日、少しづつ何かの最後だ。

Kidzania

  • 2018.01.21 Sunday
  • 22:13

 昨日、英検を帰国記念に受けたチビ助、結果はさておき、試験が終わって解放感いっぱいの息子。

 お友達と一緒にキッザニアへ出かけることにした。

 

 

 みんなで、宅配便を届けるぞ〜!

 一緒にやると、お仕事も楽しいね。

 

 

 もちろん、大好きなレジの仕事は、逃せない。

 今回も、お金を使うことよりも、稼ぐことに重点を置く息子。

 受付で確認したら、キッザニアのお金は、世界中のキッザニアで使えるんだって。

 ただし、アクティブティでは無く、キッザニアのお金で買える商品のみにだけ対応してくれるそうだ。

 

 

 窓ふき掃除!

 すっごく一生懸命になって磨いていたけど、気のせいか、掃除する前よりムラになってたりして??

 

 

 今回も、新聞記者に挑戦。

 取材中のチビ助。

 

 

 最後に体験したのは歯医者さん。

 口を開けているお人形がリアルで、小さな女の子は、お人形の手を上げたり下げたり、目をいじったり、歯医者さんに怒られていたみたい♪かわいい。

 

 ロンドンのキッザニアには、チビ助、よく行ったけど、まだ日本のキッザニアには行ったことがない。

 帰ったら、こっちで貯めたお金を持って、行ってみよう!

 

 今日はお友達と皆で、楽しくお仕事体験できて、良かったね〜。

 

 

ガレージセール

  • 2018.01.19 Friday
  • 20:20

 先日、船便も一便目が出発し、家の中も随分スッキリとしてきた。

 そこで、今度はお隣さんと一緒にガレージセールで、不要な物を片づけることに。

 

 自分が使わない服や雑貨、息子が小さくなった洋服、古本、食器、家具など、集めてみると結構ある。

 増やさないように心がけてきたつもりの荷物だが、やっぱり増えるんだなぁ。

 

 最近、思い出した。日本の倉庫に3年間預けてある荷物のこと。

 大体、3年も使わなくてすんでいる荷物なんて、そもそも必要が無いよね?

 何を預けているのかも忘れてしまった。

 その荷物が、今度の引っ越し先に、ロンドンの荷物と共に届くのかと思うとぞっとする。

 なるべく身軽で帰らなければ、とんでもないことになりそうだ。

 

 

 友人からの物も合わせて、18日、19日と家の前で販売した。

 チラシを配ったり、お隣の方が、ネットに載せてくれたり、友人たちが来てくれたこともあり、初日は平日にも関わらず、ちょこちょこと人が来てくれた。

 翌日は、寒さも厳しく、寂しい感じだったが、現地の方も立ち寄って下さった。

 残ったものはチャリティーショップへ持って行く荷物にまとめる。

 売り上げはともかくとして、結構、片付いたし、自分が帰国モードに切り替わった気がする。

 

 いよいよ、帰国までひと月。

 スケジュールに追われて、フライト日まで持って行かれそうだ。

 

 

 

船便

  • 2018.01.10 Wednesday
  • 22:22

 ついに帰国準備が本格化しました。

 本日第一回目の船便発送だ。

 

 スキーから帰った2日の夜から、私はすっかり風邪をひき、熱を出してしまった。

 体調不良が続く中、船便の荷物の準備もしなくてはならず、なかなか思うように進まなかったけれど、何とかこんとかやり遂げた。

 

 引っ越し会社のスタッフが3名、朝9時から我が家にやって来た。

 一人は日本人の男性、あと二人はブルガリア人だった。

「年末、ブルガリアに行ってたんですよ〜」と言うと、

「バンスコかい? 雪はどう? 寒かった? ブルガリア料理は食べた?」

 などなど、質問攻め。

 きっと、故郷を思いお出したんだろうなぁ〜。

 

 お二人は兄弟だそうで、すごくキッチリ、実に真面目に働くスタッフさんだった。

 おかげで、57箱、お昼までに全部トラックに積み込むことができた。

 

 家の中の中の荷物は7割がた、これで無くなった。

 あとは、今月、ガレージセールで不用品を減らし、必要な物だけを航空便と船便に分けて来月22日に発送するのみだ。

 

 ホントに帰るんだなぁ、、。

 

 少し寂しい気持ちもあるが、まだまだやる事が山積みで、感傷に長くは浸っていられない。

 さて、明後日からは、ボローニャへ。

 

 今度は旅行の準備をしなくては!!

Ribon教室

  • 2017.12.14 Thursday
  • 20:16

 友人がこの程、自宅でリボンの教室を始めた。

 子育ての合間に、他の仕事をしながら、ロンドンでさらにリボンの資格を取って、日本でもまた勉強して、ついにお教室を開くなんて、本当に素晴らしい。

 

 友人と二人で、本日彼女のご自宅へ向かい、そこでリボンのリース作りに挑戦だ。

 

 不器用な私「できるかな〜っ?」て心配だったが、やり始めてみると、簡単でとても楽しい。

 色んな色や色んな素材のリボンから、好きな物を選び、小さく切ったリボンをリースに刺して行く。

 

 作りながらのお喋りも、もちろん楽しいのだけど♡

 

 約3時間ちょっと、完成です。

 

 

 私的には、ブルー系が好きなんだけど、昨晩、息子にどんなのがいいか尋ねたら「ピンク」と言う。

 ちょっとビックリしたけれど、我が家は息子が一人だけで、もともと私自身も青とかシックな色が好きな方なので、ピンクには縁遠い。考えてみると、家の中に可愛い華やかな色が無い。

 そこで、今回は息子の希望もあり、柄にもなく可愛いピンクで作ってみた。

 可愛いでしょ〜!

 

 

 一緒に行ったお友達のリースはこちら。

 リボンを選んだ時は、何となく私と選んだ色合いと似てたけど、作ってみると、全然違う物に。

 本当に作った友人のイメージそのもの!

 不思議だね〜。

 

 

 教室の先生が作った見本のひとつ。

 こんな風にクリスマスらしいリースもできるんだって!

 

 なんだか、もっと違う色も、作ってみたいなぁ〜。

 

 また、よろしくお願いします!

 

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM