Kidzania

  • 2017.09.09 Saturday
  • 23:52

 今日は土曜日、学校もお休みなので、妹と甥、私と息子の4人でキッザニアへ。

 チビ助は、1年半ほど前に、帰国するお友達と一緒に来たことがあり、今日は2度目の来場だ。

 甥っ子は、今回は初めて。

 

 前回は春休み中ということで、非常に混んでいたが、今日は10時に入ったが、そうでも無い。

 まずは、消防士に挑戦だ。

 

 

 真剣に話を聞く二人。

 甥っ子は英語が分からないし、キッザニアは初体験なので、緊張気味。

 それでも、火事現場に出動し、ちゃんと消火活動できた。

 

 

 お次は壁登り?

 前もこれを体験したのだが、何の職業なんだろうか??

 チビ助は、とにかくこれが大好きで、一番上まで、何度も登る。

 日本に帰ったら、親子でウォールクライミングでも、やろうかな?

 

 その後、前回は年齢制限で体験できなかった、ポケモンのアニメーションクリエイターに挑戦。

 二人ペアになって、20分間、作品を作ると、消防士や壁登りでは体験料としてキッザニアのお金を払わなければならなかったのに、ここでは、報酬として「8KIDZOS」貰えたのだ!

 二人は大喜び。

 よほどお金を貰えたのが嬉しかったらしく、以降、お金が貰える働く場所を巡り始めた。

 

 

 こちらは、ルノーのレースで活躍するクルー。

 タイヤをなるべく早く交換しなくてはならない。

 4つのタイヤに二人ずつ、タイヤ交換の競争だ!

 

 

 チビ助も甥っこも真剣に頑張って、なんと、大きなお兄ちゃんもいたのに、一番最初に交換完了。

 二人ともガッツポーズ!

 

 

 スーパーマーケットではレジに挑戦。

 お客さんが選んだ商品を、ぴっ、ぴっと、バーコードを読み取ろうとするが、結構、難しい。

 甥っ子はお客さんとして挑戦。

 苦戦しているレジのチビ助の後ろに回り、手伝ってくれました。

 いいコンビだ。

 

 最後は甥っ子の希望で、ブリティッシュエアウェイズのパイロットに。

 

 甥っ子はパイロット、チビ助は消防士のIDカードを作りました。

 

 

 4時間びっしり遊んで、二人とも大満足だ。

 

 

 前、来たときは、体験しかできなかったけれど、今回は色んな職業に挑戦して、お金を稼ぐ楽しさ、みたいなものを、キッザニアで勉強したような気がする。

 チビ助、「また働いて、どんどんお金を貯めたい!」だって。

 このお金、東京のキッザニアでも共通なのかな??

 

 

 

 

Transport Museum

  • 2017.09.08 Friday
  • 23:18

 ついに夏休みも終わり、チビ助の学校が、おとといから始まった。

 久々の登校日が、チビ助が誕生日、早いもので、もう8歳だ。

 ローマに住む妹と甥っこが、日曜日に開く息子の誕生会の為に、昨晩から我が家に来ている。

 甥っ子の学校の夏休みは長い。7月初めから始まっているのに、まだ継続中。

 

 今日は息子が学校に行っている間、コベントガーデンにある「交通博物館」へ、妹と甥っこと3人で行って来た。

 ここは、1974年まで花市場だった場所で、1980年に交通博物館としてオープンしている。

 入場料は子供は無料だが、大人は17.5ポンド。

 少し高めだが、一度購入すると、それで一年間入ることができる。

 

 

 入り口に入るとエスカレーターを登り、2階から順に見て降りてくるような順路になっている。

 子供たちはスタンプカードを貰い、1から13までのスタンプを押しながら、楽しく体験、見学できる。

 

 2階には、馬に引かれるバスが展示されていた。

 1870年、初めて馬型のバスがロンドンに登場。庶民の徒歩以外の移動手段となった。

 

 

 19世紀鉄道ができ、1830〜40年、ロンドンにも色んな鉄道が入ってくるようになった。

 そして、1863年1月10日、世界で初となる地下鉄がパディントン、ファリントン間で開通した。

 これは、当時の開通工事の模型。

 

 蒸気機関車が地下を通るため、乗客は煙で顔が真っ黒? なんてこともあったりしたそう。

 実際に地下鉄の運転を体験できるところや、バスの運転席に乗って写真を撮れるところもあったりで、甥っ子は大喜び。

 

 

 グランドフロアには、二階建てバスが並ぶ。

 

 甥っ子が喜んでスタンプを押しながら周っている。

 チビ助は、今頃、何を勉強してるかな?

 

 今度、息子も、連れて来なきゃね。

 

 

Warwick Castle

  • 2016.04.17 Sunday
  • 22:42
 マーリンアニュアルパスの期限が、今日まで。
 ギリギリセーフで、ロンドン、メリルボーン駅から1時間45分、Warwickにあるお城まで行くことになった。



 ウォリック城の起源は10世紀初頭にアルフレッド大王の娘がノルマンの侵攻に備えて築いた要塞に始まり、1068年、ウィリアム征服王にて建設された。
 1088年以降は、ウォリック伯に所有され、1153年には後のヘンリー2世により囚人が投獄された。現在ここは、中世の時代を垣間見ることができる実演ショーが多く開催されている。

 まず最初に見たのは、中世の包囲攻撃兵器としては最大の「トレバシェット」と呼ばれる平衡錘投石機。本物のファイヤーボールが空に向かって飛んでいく様は、大人でも「おーー!!」と声があがるほど、迫力満点。150mは飛んだだろうか。
 中世の戦で、これで城の門を壊したのかと、映画で観たことのあるシーンを思い浮かべながら見入ってしまった。



 こちらは鷲のショー。大きな羽を羽ばたかせ、城をぐるりと回って戻って来る。


 チビ助は、弓を射る体験もさせてもらった。3ポンドで6arrows。ターゲットは3レベルあったが、息子は中くらいのレベルを選びボウマンに教えてもらって挑戦。始めの2本は届かなかったが、次の2本は的に当たり、最後の2本は、真ん中付近に当たったよ。



こちらが本物ボウマンのショー。


 その他にも、子供たちが楯と剣を片手に受ける騎士のトレーニングがあったり、城の中では中世の暮らしや調度品などを見学することが出来た。ピーコックガーデンには20羽のクジャクが放し飼いされており、中には羽を自慢げに広げるクジャクさんもいた。また、夏季には中世の戦いが実際に見られるショーも開演されるようで、子供たちにとっても、大人にとっても楽しめる場所だ。


タワーの上からの景色。

 天気にも恵まれて、ウォリック城を思う存分、楽しむことができた。
 アニュアルカード、今年は継続しないけれど、本当に大活躍だったね!
 
 

Madame Tussauds(Star Wars)

  • 2016.04.05 Tuesday
  • 23:37
 昨年、渡英直後に購入したマーリンアニュアルパスの期限が、もうすぐ切れる。
 このカードのお陰でレゴランドや水族館、ロンドンダンジョンやシュレックアドベンチャーなど、気軽に楽しむことができた。
 今日は、とっても良いお天気なので、家族でこのパスを最後に使おうということになった。

 まずは、ロンドンアイ。
 私と夫は2回目、息子は3回目の乗車だ。



 一年前、眼下に広がるロンドンを不安と覚悟の気持ちを持って、覗いていた。
 あれから早一年、何が変わったのだろう。
 毎日、追われるように、あっという間だった。
 何も変わっていないような気もするが、この景色に新鮮味を感じ無い分、自分たちの足跡が出来た証拠だ。
 あと、2年。
 前に進むのみ。

 さ〜て、もう最後だからマダムタッソーにも再度行くことにする。
 今日の目的はスターウォーズ!


 チューバッカとチビ助。


ストームトルーパーと。


ダースベーダ―とルークと一緒に。


 そして新しいキャラクター、BB-8と。

 大好きな映画の中の登場人物と写真を撮れて、楽しかったね。
 私はオードリーヘップバーンと撮れたのが、一番良かったかな〜。
 夫が政治界の大物たちに、マイクを向け、インタビューをしている演技をするので、私はせっせとシャッターを押した。
 家族3人、それぞれ、満足。

 パスが切れたら、もう来ることも無いかもしれない。
 

LEGO LAND

  • 2016.03.25 Friday
  • 23:02
 冬季の間、しばらくお休みしていたレゴランドへ、久々に行ってみることにした。
 本当は週末と思っていたが、本日、あまりの天気の良さに急遽予定を変更。
 ナショナルレールでウィンザーまで行き、そこからバスに乗り換え現地へ到着。
 
 すぐさま、人気のアトラクションに飛び乗った。レゴランドには水に濡れるアトラクションが多い訳だが、あまりに天気が良く3月と言うことをすっかり忘れていた。
 その結果、私と息子はズブヌレ。そして用意周到の心配性の夫だけが、自動販売機で簡易のポンチョを購入し無傷だった、、。

 らしいと言えば、らしい。

 3度目のレゴランド。
 まだ乗っていなかった乗り物に乗ったり、レゴランド内の公園で遊んだり、のんびり過ごした。





 ウィンザーには何度も来ているのに、未だウィンザー城には行っていない。
 ちょうど学校で「castle」を習っていたチビ助、お城について私より詳しい。
 こちらの勉強の仕方ですごいなと思うのは異教科でテーマが統一されることだ。
 歴史でお城、スクールトリップでお城、ホームワークで自分の選んだお城について調べさせたり、劇もお城、最後は工作でもお城を作った。違うアングルから一つのことを勉強することは、理解や興味を深めるうえですごくいい方法だなぁ。
 次こそは、ウィンザー城に行かねばっ!
 

WB Harry Potter Studio

  • 2016.03.06 Sunday
  • 22:57
 1997年に「ハリーポッターと賢者の石」で始まったこのシリーズは、2007年7巻目で完結した。映画では2001年から10年かけ、全8作で既に終わっている。
 私は世界中でブームとなった初作から3作目までは読み、映画は4作目まで観た。内容も薄ら覚えだし、未だラストも知らないままだ。
 映画で活躍していた子役が、最近他の映画で、すっかり大人になって別の人物を演じているのを見ると、
「あ〜、10年か」
 と、時の長さを実感してしまう。

 先日、オックスフォードを訪れ、ハリーポッターの撮影場所に触れてから、ちょっと気になっていた。
 夫は全く「ハリポタ」には関心が無いので、この際、息子と一緒にバスツアーでワーナースタジオに行くことにした。
 バスはピカデリーを11時に出発し、1時間ほどでスタジオに到着。



 数々の撮影に使われたセットが展示されており、入場前に借りた音声ガイドを聞きながら、スタジオを見学する。
 子供にはパスポートが渡され、6個のスタンプを集めながら足を進めることができる。


 これは、門番、ハグリットの部屋。そうそう、こんな感じだったな〜。

 どのセットを見ても感じたのだが、思ったよりも狭い。映画では撮影の仕方による効果なのだろうが、空間をもっと広く感じていた。


 魔法使いだけに、空を飛ぶシーンが多いハリーポッター。
 リモコンで動く箒に跨り、風を受け、景色をバックに流せば、本当に飛んでいるみたい。
 スタジオでは実際に箒や車に乗って、ハリーが飛んだシーンを同じように演技しながら飛ぶことができる。チビ助もマントを羽織りハリーさながら空を飛ぶ。映像はお土産がてら購入して来た。

 ホグワーツ特急は秘密の「9 3/4番線」に発着するが、それは9番線と10番線の煉瓦の壁を通り抜けたところにある…。

 ホグワーツ魔法学校へ行ってきま〜す。


 蒸気をあげるホグワーツ特急!


 学校に向かうハリー達の姿が浮かぶ。


 
 映画の世界「ダイアゴン横丁」を歩きま〜す!
 
 特殊メイクや特撮のことが分かる場所があり、息子も興味津々。また映画で使われる建物や箒、乗り物、すべての物に繊細な設計図が作られており、それを元に縮小して作られた紙の模型が展示されている部屋では、思わず私もガラスに顔をくっつけてしまった。




 1/24のホグワーツ城
 
 
 FIRST SHOT・LAST SHOT

 ハリー役のダニエル・ラドクリフ。初作では11歳の少年だったが10年後のラストでは、21歳で父を演じる。
 正直、自身は「ハリポタ」は物語としてとても面白いが、映画や本に特別な思い入れが無かった。でも10年続いたシリーズなのだと、ここに来て思い知らされた。製作者の愛情を感じられるほど、細かなところまで、こだわって作られている、ハリーポッターの世界の厚みに触れ、改めて本や映画を読み返したり、観返したりしたくなった。

 

KidZania

  • 2016.02.15 Monday
  • 23:26
 東京にもある「キッザニア」が、昨年ロンドンにもオープンした。
 日本のキッザニアもまだ一度も行ったことが無い息子、是非連れていきたいと思いつつも、何分英語なのでチビ助がもう少し理解できるようになってからの方がいいかと、二の足を踏んでいた。 
 そんな時、友人から誘いを受け、今日、ついに行くことになった。
 と言うのも、先週土曜日から22日までハーフタームが始まり、学校がお休みなのだ。

 まず最初に体験したのは、ブリティッシュエアウェイズのパイロット!
 ジャケットに帽子をかぶり、本物さながら、シュミレーションで操縦する。

 お次は科学者!
 シャボン玉を色んな型で挑戦するよ。


 消防士体験は、まずトレーニングビデオを見た後、火事の現場に消防車に乗って駆け付け、そこで消火活動をした。
 現場には、救急隊や警察なども駆けつける。


 この救急隊員や警察官も、もちろん職業訓練をしている子供たち。
 ここでは、入場の際に貰えるキッザニアのお金「50」を使って、色んなアトラクションに参加することも、また色んな体験をしてお金を稼ぐこともできる。お金は「75」を超えると、銀行で口座を作り預けたり下ろしたりもできるようになる。
 なんだか、楽しいね。

 これは、何の職業??
 ビルの壁にハーネスを使って登るってことは、高層ビルの窓ふきさんかなぁ??

 真ん中くらいまでかと思ったら、チビ助、ぐんぐん登ってなんと一番上までたどり着いた。
 山登りの成果でしょうか。
 一番上からは、ロープを使って懸垂下降! 
 なんてね、そんな事はできるはずも無く、ぶらぶらスイングしながら下りて来たので、こちらもヒヤリ。
 本人は大満足で、ドヤ顔だったけれど。

 最後はジュース工場で体験し、そこでご褒美にジュースを頂いた。

 チケットは4時間有効なのだが、4時間はあっという間。
 テレビ局、ラジオ局、写真家、、もっともっと色んな職業を体験できるかと思っていたが、友人曰く、日本よりも効率が悪いらしい。
 なんだか、こっちっぽいから、許せるけれど、体験中待っている親にとっては、なかなかキツイ。
 帰り道、座って待っていられるところが、もう少し、あったら良かったなぁ〜と思う私の横で、
「お母さん、また来よう! 僕、次は働いてお金を増やして、銀行に行きたい!」
 と、張り切る我が子。

 この次は、対策を練って、効率良く周りたいものだ。
 

 
 

Shrek’s Adventure

  • 2016.01.23 Saturday
  • 22:42
 昨年夏に新しくテムズ川沿いにオープンした「シュレックアドベンチャー」。
 一度行ってみたのだが、オンラインの予約が必要ということで、その時は残念ながら入れず、お隣の「ロンドンダンジョン」に行ってきた。今日はしっかり予約をして向かう。

 居なくなってしまったシュレックを探しに、3Dの眼鏡をかけてバスに乗り込む。
 観客参加型で、どんどん話が展開していき、最後は本当のシュレックに会えるようになっている。
 われらは映画を観ていなかったが、それでも十分楽しめた。
 参加型ということで、今回この20人ばかりのツアーで、なぜか夫が大活躍。
 ダンスを踊らされたり、キーとなる紙を次のキャラクターに届けたり、扉を開ける係になったり?
 本人は困惑顔だったが、チビ助はお父さんの登場が多くてとても喜んでいた。


 やっと、シュレックに会えた!
 一緒に記念撮影したけど、ちょっと怖かったかな?

 その他のドリームワークの映画のキャラクター、マダガスカルやカンフーパンダにも会えたよ。

 カンフーパンダは映画で観ていたので、あのパンダちゃんに会えて良かったね。

 帰りは天気も良いので、のんびりテムズ川沿いをしばらく歩いてみよう。
 古本市が開かれていたので、チビ助用に一冊ゲット。
 通りではパフォーマンスをしている人たちが多い。彼らの周りには、それぞれ人だかりができ、盛り上がっていた。
 そんな中、静かに砂のお城を作成中の方が居た。
「わーー」思わず立ち止まる。


 チビ助も、道具を使って上手に階段を作っていく様子を、興味深げに観察していた。

 こちらは第2次世界大戦や朝鮮戦争で活躍した「ベルファスト号」。
 現在は博物館になっている。
 今度、行ってみようかな?



 久々のテムズ川散歩。
 ロンドンは、まだまだ見るところがいっぱいある。
 もうすぐ丸1年になるというのに、行ってないところがいっぱいだな〜。
 困っちゃう。 

White Wonder Land

  • 2015.12.21 Monday
  • 23:35
 度々訪れるハイドパークだが、現在ここでは「White Wonder Land」が開催されている。
 毎年11月末から1月の初めまで、広い公園内に巨大な遊園地とマーケットが並ぶ。
 スケートリンクが張られ、観覧車やサーカスなど、大人も子供も一足踏み入れるとテンションがあがる。

 先週の金曜日で学校も終わり、ホリデーに入ったので、お友達親子と共に公園に行って来た。
 クイーンズウェイから公園内を歩いていると、ベンチで休んでいたご夫婦が子供たちにトリ用のパンを分けてくださった。
 子供たちの周りには、カモメやハクチョウやハトが群がり、大興奮!



 一盛り上がりして、カフェで軽いランチを頂いていると、雨が降って来た。
 少し空模様と相談しながら、ワンダーランドへ。
 入り口では毎年そうなのか、今回のフランスのテロを受けてか、荷物検査が行われていた。



 たくさんアトラクションがあるが、乗り物は結構高い。大体一つ乗ると4〜5ポンド!
 子供たちには魅力的だよね。

 これもアトラクションのひとつ。
 中に入ると、揺れる床を歩き、回る輪を抜け、アスレティック要素満載のアトラクションだったとか?
 私は中に入っていないのだが、チビ助に聞くと、そういう事だった。

 いっぱい遊んでワンダーランドのゲートを抜けると、マーブルアーチのチューブステーションがすぐだった。
 あら、2駅も歩いちゃったんだね。

 年明けまでやっているそうなので、この次はもうちょっとマーケットを覗いたり、スケートなんぞもやってみたい。
 

LEGOLAND2

  • 2015.09.26 Saturday
  • 23:58
 今月2度目のレゴランド。
 今日はアクセスも順調、10時のOPEN前に現地に到着したおかげで、思う存分楽しめそう。
 まずは、消防車を運転して消火活動!


 次いでボートも運転。


 ボートの後は、車に乗って恐竜の森へ。




 海底調査にも行ったし、前回乗れなかった人気のアトラクション2つにも無事に乗ることができた。
 時に水でびっしょり濡れたりしたけれど、2ポンドで全身乾燥。満喫できた。

 ミニランドもゆっくり鑑賞。
 レゴで作ったロンドンの街並みです。

 Japan祭でこの間行ったトラファルガー広場


バッキンガム宮殿


ビッグベン


そして、イギリスと言えばサッカーでしょう。


 レゴって本当に凄い。
 息子がこのところレゴに夢中になっている所為か、いつの間にか自分も魅せられていた。


 また来ま〜す!
 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM