ユーゲントシュティール建築

  • 2017.11.11 Saturday
  • 23:22

 新市街のお目当ては、ユーゲントシュティール建築。

 ユーゲントシュティールとは、世紀末のドイツ語圏における美術の傾向で、絵画や彫刻の他に、建築にも反映された。

 ミハエル・エイゼンシュテインによる独創的、芸術的な建築物の宝庫というのだから、行って見ないと!

 

 エリザベテス通り33番地(1901年)

 

 一目で、目当ての建物と分かる。

 装飾過多、too much、と言われるのも分からないではないけど、建物自体が芸術品って感じ。 

 

 

 エリザべテス通り10b番地(1903年)

 

 ブルーと白がキレイ。

 最上部をよく見ると、

 

 

 デフォルメされた人面が!

 なんて、斬新な。建物ですよね、コレ。

 

 

 アルベルタ通り2a番地(1906年)

 

 感動しながら、カメラを片手に歩く我ら。

 赤タイルが柵の様になっていて、ここも人面や女性像などで、美しく飾られていた。

 

 

 アルベルタ通り4番地(1904年)

 

 最も完成度が高いと言われているユーゲントシュティール建築の一つ。

 上に立つライオンは力の象徴、建物を守っている。

 

 

 アルベルタ通り8番地(1903年)

 

 ここにもライオンがいるね。

 青い部分は、珍しい青レンガなんだって。

 白とブルーが、やっぱり素敵。

 

 

 アルベルタ通り13番地(1904年)

 

 下から見上げてみた。

 

 

 壁中に彫刻、彫刻、彫刻!!

 2002年に修復が終わり、輝きを取り戻した建物。

 ひゃーー、参りました。

 

 

 ストレールニエク通り4番地(1905年)

 

 近年修復された、装飾を極めた建築物。

 美しい女性像が並ぶ。

 

 

 なんだか、巨人が戸棚に集めた芸術品みたい。

 ユーゲントシュティール建築は、簡潔で機能性が重視される一方で、唯一無二のデザイン、一度限りの芸術性が重視されると書いてあった。確かに、唯一無二のデザインだ。

 

 しかし、このミハイル・エイゼンシュテイン、1900年前半にどれだけの建築物のデザインをしたのだろうか?

 この建築物の数々を見ているだけで、彼の創作意欲と言うか、エネルギーみたいなものを、感じてしまう。

 彼の息子セルゲイ・エイゼンシュテインは、モンタージュ理論を確立したソビエトの映画の巨匠だ。

 

 これでバルト三国、訪れた。

 リトアニアのヴィリニュス、エストニアのタリン、そしてラトヴィアのリーガ。

 どの国もとても魅力的で、美しく趣のある町だ。

 

 それぞれの国の中に、ドイツ、ポーランド、ロシアなど、違う国が見える。

 バルト三国、おススメしたい。

 

 

 

コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM