Brno

  • 2017.12.02 Saturday
  • 23:43

 昨日からもう12月が始まった。

 このところ毎週、旅行が続く我ら、今回はチェコ、ブルノへやって来た。

 昨夜は到着が遅く、ホテルに行くだけで終わってしまったので、今日は朝から市内を巡るぞ〜。

 

 ブルノって、どんな所か全然知らなかった。

 本によると、チェコはボヘミアとモラヴィアの二つの地域に分けられ、ブルノはモラヴィアの中心都市だ。

 学生の頃「メンデルの法則」を習った記憶があるが、そのエンドウ豆の交配実験も、ブルノの旧市街の修道院で行われたそう。

 

 

 狭い小路を歩いていると、その向こうに旧市庁舎が見えた。

 

 

 入り口の石細工??

 何で、曲がってんの??

 

 1511年にアントン・ビルグラムによって作られたのだが、思ったような報酬を貰えなかったので、わざと曲げたという話だ。

 

 

 通路を抜けると、天井に大きなワニが吊り下がっている。

 これは、ここのシンボルなんだって。

 

 

 旧市庁舎の塔に上って、上から街を見てみる。

 

 

 自由広場にクリスマスマーケットも開かれている。 

 

 

 チビ助、大きなオルゴールを手で回す。いい音が鳴るね〜♪

 

 

 ぐるぐる回るブランコに乗る子供たち。

 チビ助も、楽しそう!

 

 

 もうすっかりクリスマス。

 大きなツリーが飾られ、マーケットも凄い人で賑わっている。

 

 

 そこで、みつけた!

 これ、どうみてもたい焼きだよね?

 試してみようと買ってみた。

「アンとクリーム、どっちにする?」とは聞かれず、

「チョコとピーナツバター、どっちがいい?」だって。

 

 

 

 チョコ味を選んだチビ助、焼きたて、美味し―。

 中はチョコだけど、やっぱ、たい焼きだよ!

 

 

 聖ペテロ聖パウロ大聖堂

 

 

 それにしても、チェコ、寒い。

 最高温度が0℃です。ブルブル、、。

 

 チビ助は「寒い、寒い」と言いつつも、雪でボールを作っては夫にぶつけて、はしゃいでいた。

 

 

 旧市街の西の丘に建つ13世紀の城跡である「シュピルベルグ城」。

 

 

 17世紀には一部が監獄となり、一般公開されている。

 ここが、監獄。

 


 19世紀には、イタリア、ポーランド、ハンガリーの革命家が収容されていた。

 狭く区切られた石造りの部屋、こんな寒い所に入れられてたんだなぁ、、。

 第2次世界大戦時にはドイツ軍に使われており、当時の電話なども展示されていた。

 

 チェコには多くの地下通路が巡らされているが、この街でも現在3か所が一般公開されていた。

 一番有名なのは、聖ヤコブ教会の地下納骨堂だ。

 中世にコレラやペストで亡くなった人や、三十年戦争の犠牲者5万人の骨が埋葬されている。

 ネットで写真を見たが、ずらりと骸骨が並んでいる様子は、チビ助はもちろん、私にとっても、ちょっと衝撃的で、我らは青果市場の地下迷路へ行くことにした。

 

 

 アンダーグラウンドのワインや食べ物などを保存する部屋。

 

 

 とにかく暗いので、灯りは必要不可欠。

 より軽く、持ち運びしやすい物、より安全で、長く火が持つ物など、照明は変様々な工夫をされ変化していった。

 

 

 薬なども作られたよう。

 

 

 地上に戻ると、イルミネーションが輝き、人はさらに増え、クリスマスモード全開。

 

 

 走る電車でさえ、クリスマス!

 

 あ〜、今年ももう、終わりかぁ。

 クリスマスのこの雰囲気が、そんな気持ちにさせる。

 12月が始まったばかりというのにね〜。

 

 

 

コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM