Olomouc

  • 2017.12.03 Sunday
  • 23:58

 ブルノの北東60キロのところにあるオロモウツへ、バスで向かった。

 それにしても、寒い。

 肩をすくめて、まずは聖ヴァーツラフ大聖堂へ。

 高さが約100mの塔が、天にすっくり伸びている。

 

 

 1131年にロマネスク様式として建てられ、その後改築を繰り返し、1883〜1890年に尖塔が付けられ、ネオゴシック様式の姿になった。

 中は撮影できなかった、、。

 

 

 そこから、ホルニー広場へ歩いて向かう。

 綺麗な教会があったので、写真を撮ったけど、何ていう教会かな?

 

 

 電車通りを歩くチビ助。

 

 ホロニー広場にある市庁舎。

 

 

 市庁舎は15世紀に建てられたもの。

 塔には仕掛け時計があり、毎正時に人形が動き出す。

 我らは、見損ねてしまった。

 

 

 どうやって動いたのかなぁ、、。

 気になる。

 

 

 そしてこれが、夫が一番見たかったという「聖三位一体柱」。

 ペスト終焉を記念して作られたもので、2000年に世界遺産にも登録されている。

 

 

 オロモーツもクリスマスマーケットが開かれ、人々がモルドワインを片手に歩いている。

 チビ助、鐘を鳴らすよ。

 

 

 あ、亀だ!!

 

 

 あれ、こんなとこにも亀。

 チビ助、よじ登る。

 

 

 広場に、スケートリンク。

「僕もやりた〜い!」

 息子が言うので、チケットはどこで買うのかと見まわすが無い。

 どうやら、このリンク、無料みたい。

 そして、この後ろで滑っている人たちは、全員マイスケート!

 

 

 ちょっと残念そうなチビ助。

 我らは滑っている人たちを見ながら、ノンアルコールのホットワインというのかな「キッドプンチ」というものを飲みました。

 

 

 市庁舎と、聖三位一体柱、そしてクリスマスマーケットで賑わうホルニー広場を後に。

 寒くて、寒くて、ブルブル、ガチガチ。

 

 

 来た道を帰る我ら、うねる線路の向こう側に、大聖堂が見える。

 なんだかすごく素敵。

 

 帰り道、寒さに耐えきれなくなり、通りすがりの中華レストランの窓にうどんの写真を見つけ、吸い込まれるようにお店に入った。温かいうどんを3人で食べて、ホッとした〜。

「寒すぎて、ボク、死ぬかと思ったよ」

 息子が真剣な顔で言うので、笑ってしまった。

 

 2度目のチェコ。

 プラハとは違う素朴な街に触れることができ、なかなか良かった♡

 

 

コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM