ドレスデン おまけ

  • 2017.12.11 Monday
  • 23:18

 昨夜、夫は仕事のため、ドレスデンから汽車でニュルンベルクへ出発した。

 夫を駅で送りだした後、二人で雪の中、またまたマーケットで、来た日とは別の観覧車に、チビ助と乗った。

 

 今日は二人だけでロンドンに帰る。

 ロンドン、ドレスデン間には直通の飛行機が無いので、帰りはフランクフルトで乗換えしなくてはならない。

 だけど、昨夜からの大雪で、飛行機のダイアがメチャクチャだ。

 とりあえず、ドレスデンからフランクフルトまでは飛ぶようだが、フランクフルトからの便は私達が乗る予定の前の便まで、キャンセルされている。

 

「あ〜、もしフランクフルトでロンドン行の便が欠航になったら、航空券の手配やホテルの手配を、夫抜きでやらなくてはならないよ」

 考えただけで、ぞわ〜っとする。

 とにかく、遅れてもいいから、飛んでくれ〜!!

 

 ドレスデンからの飛行機は、なんと1時間遅れ。

 飛ぶからいいようなものの、これじゃあ、乗換危なそう!

 係りの人にその旨、相談すると、

「一時間遅れでも、時間通りにいけば、16:15にフランクフルトに着く。あなたの便は17:00だから、大丈夫、心配ないよ」

 

 だけど、パスポートコントロールもあるしさ、ギリギリじゃないの??

 と、食い下がる私に「大丈夫、どうせ乗り換えする便も遅れてるだろうしね」だって。

 信用できない!!

 

 案の定、飛行機が着いたのが16:30、そこからバスでターミナルを移動し、パスポートコントロールに着いたら既に17:00だよ。

 もうダメかと思ったら、航空会社からテキストが届き、出発が17:30になったと連絡が来た。

 だけど、ボーディング締め切りまで 残り4分だって!

 

 キャーー!!!!!!

 

 とにかく乗らなければ、飛行機もホテルもまた手配が厄介だ。

 息子の手を引き猛ダッシュ。

 乗り換えがギリギリなのは私達だけでは無いわけで、人々は蜘蛛の子を散らすように、各搭乗口に走って行く。

 

 だけど、我らの搭乗口は一番奥みたいで、走れども走れども、着かない。

 チビ助も、吐きそうになりながら、必死で走る。

 私も汗だくで、「通してくださーーい!」を連発し、搭乗口まで突進だ。

 

 そのお陰で、何とか、ギリギリ、駆け込みセーフ。

 

 ふーーーーー。

 

 疲れた。でも、良かった。

 チビ助と二人、思わず抱き合ってしまった。

 

コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM